【おすすめ】一人暮らしに必要なおしゃれアイテム

f:id:takumi19890923:20200618221652j:plain

どうも、タクミです。

 

ちょうど1年前に異動が示達されて今の部署に配属、念願の一人暮らしを始めることになりました(笑)

 

恥ずかしながらそれまで実家で生活していたんです・・・

 

 

念願の一人暮らしを始めるときに、真っ先に思ったことは「おしゃれに暮らしたいなー」と「健康は維持したいよなー」です。

 

そこで、色々飛ばして "ボトルブレンダーでオリジナルスムージーを飲む" という考えに辿り着いたわけで・・・

 

ということで、今回は私が1年間使用した "ボトルブレンダー" を紹介します。

 

それがこれ!!

 

 
【サイズ】(約)幅12×奥行12×高さ31cm  ※本体にブレードとボトル取付時【重さ】約950g  ※本体にブレードとボトル取付時 【ボトル容量】約400ml 【素材】ボトル:トライタン

 

 

 何で "ボトルブレンダー" を買ったの?

f:id:takumi19890923:20200617222353j:plain

 



はい、まず理由については以下の2点ですが、ざっくりいうとノリと勢いです。

では、少し詳しく。

一人暮らしは<おしゃれ>にという夢

みなさんは初めて一人暮らしを始めようと思ったとき、どんなことを想像しましたか。

 

私は、一人暮らし生活をおしゃれにしたい!!

 

これだけです。

 

大した理由なんてないんですが、おしゃれに且つ優雅に過ごすという思いが強かった私は、何をしたらおしゃれになるかを考えに考え抜いた結果・・・

 

スムージーを飲むことでした。

 

朝、自分のオリジナルスムージーを飲むことがおしゃれ生活の第一歩と考えたのです。

忘れられないバナナシェイク

それともう一つ。私は小さい時からマックのシェイクが好きです。

親に連れられてマックに行くときは、決まってマックシェイクを頼みます。

 

私が小学生だった夏のある日、親父に「シェイクが飲みたい」的なことを言ったんだと思います。そしたらおもむろに親父がミキサーを取り出してきて、何か始めました。
料理のできない親父が、次々と冷蔵庫から食材を取り出し、

 

「ウィーーーーーーーーーーーーーーン、ウィーーーーーーン」

 

子どもだった私は、何を作っているのかさっぱり分からなかったですが、シェイクらしきものができあがります。
それをグラスに移し、「はい!」と渡されても・・・

 

とりあえず、においを嗅いだらバナナのいい匂いがして食欲を誘います。

飲む前は味に懐疑的だった私の心は一気に確信に変わり、グラス一杯のバナナシェイクなんて秒殺です。

 

今でもあの感動は忘れていません(笑)

購入した "ボトルブレンダー" で何作っているの?

f:id:takumi19890923:20200617222103j:plain

前振りが長くなってしまいすみません・・・ここからが本題です。

 

で、「ボトルブレンダーで何を作っているの?」ということですが・・・

 

結論からいうと、「健康に良さそうなオリジナルスムージー」を作って毎朝飲んでいます。

 

友達に聞いた話とネットから得た情報を基に、とりあえず健康に良さそうなものをボトルブレンダーに投入します。

 

選抜メンバーは、

オートミール」「凍ったバナナ」「ヨーグルト」「牛乳」「はちみつ」「ブルーベリー」「ラズベリー」に決定。

 

私の朝食<神7>です。

 

味も神的うまさで飽きないのもいいですね。

 

実際使ってみてのレビュー

f:id:takumi19890923:20200621110826j:plain

サイコーにいいですし、購入して間違いなかったですね。

 

<買ってよかったポイント>は次の3つです。

ミキサーにかけてそのまま飲める手軽さ

コップに移し替えなくて済むのはかなりポイント高いですね。

実際、そのまま飲めるので朝はラクですし、洗い物も少なくて済みます。

氷を入れても壊れない丈夫さ

正直、サイズがコンパクトなので耐久性に少し不安がありました。

氷なんて入れたら刃が回らないんじゃないかとか・・・

全然問題ないです。

ちょうどいい分量

個人的にはアラサーの働き盛りのサラリーマンにとってはちょうどいい量だと思います。

 

多すぎず、少なすぎず。

 

ボトル容量で言いますと約400mlです。

分かりやすくいうとスタバのトールとグランデの間くらいです(笑)

 

余計分かりづらいですか?

最後に

ここ1年で買ったものの中で間違いなく上位にくる品物ですね。

 

こういう小さなこだわりが、ちょっとした楽しみになったりして、毎朝の気分を少し上げてくれます。

 

ほんの少しだけ(笑)

 

最後まで読んでいただき有難うございました。