【おすすめ】「マンガでわかる チーズはどこへ消えた?」を読んでみた

f:id:takumi19890923:20200721051936j:plain

どうも、タクミです。

 

最近休みの日は蔦屋書店に出没しています。

 

昔から、活字を読むのが苦手で【本】とは無縁だったんですが、

 

さすがにStayHomeが続くと【本】を読むようになりました。

 

そして、ハマってる(笑)

 

面白い。こんなにも世の中には面白い本があふれているのか、と今になって思う。

 

昔から色んな本読んでおけばよかったなー、とさえ思います。

 

 

 

蔦屋書店でぶらぶらしながら本を見ていると、

 

【マンガで分かる】という文言が意外に多い。

 

私はようやく活字の魅力に気づき始めたのに、世間では活字離れしていく・・・

 

まぁ、確かに「活字とマンガのどっちの方が内容を理解しやすいか」と聞かれたら圧倒的に後者だと思います。

 

・・・・見つめていると確かに【マンガで分かる】という決まり文句に少し惹かれていく(笑)

 

で、そんなに分厚くないしすぐ読めそうなのでさっそく購入しました。

 

f:id:takumi19890923:20200720213217j:plain


 

では、本文をどうぞ^^

 

マンガでわかる チーズはどこへ消えた?

 

率直にこの本を読んで、「その通りだよなー」と感心し、今の自分の仕事について考えさせられました。

 

でも、正直このタイトルだけでは何の話か全く分からないですよね。

 

私も、内容は読むまで一切分からなかったけど、どの本屋にも陳列されていたから気になって購入しただけです。

 

そりゃ、どの本屋にもこんないいマンガは置きますよね、ていうくらいのクオリティです。

 

このタイトルだけでは内容が分からないのでざっとこんな感じです。

 

 『チーズはどこへ消えた?』がなんら古びることなく読み継がれているのは、この物語が「変化」についてのお話だからです。望むと望まざるとにかかわらず、私たちは変わりゆく社会の中に生きています。変化は必ず起こる、ということだけが、変わらない真実です。
 「チーズ」は、私たちが人生で求めているものの象徴です。
 何を大切にし、何を求め、何が幸せをもたらすのかは人それぞれ。チーズは「仕事だ」と言う人もいれば、「家庭だ」と言う人もいるでしょう。財産や健康、精神的安定かもしれませんし、ゴルフや恋人かもしれません。しかし、それがなんであれ消えてしまうことがあるのです。
 また、変わらず存在し続けたとしても、気づかないうちに、“匂い”や“味”が変わっていて、あなたに幸せをもたらすものではなくなっているかもしれません。
 誰もが変化に直面します。
 そのときどうすべきなのかを、この物語は問いかけます。

 

マンガでわかる チーズはどこへ消えた?』P3~P4

 

深い・・・

 

本書の言う通り、我々の世界では日々【変化】が求められるし、コロナ禍で世界中が混沌としている今は、今まで以上に【変化】するスピードが要求されているのは実態です。

 

わかってはいるけど、【変化】って勇気いるし怖いっていうのもまた事実。

 

何なんでしょうね・・・

 

ただ、この本を読むと【変化】の重要性がすごい分かりやすく書いてあるし、【変化】を恐れているとどうなってしまうかも書かれているので、刺激になる一冊だと思います。

 

ちなみに、この【変化】って社会人に限った話ではないと私は思っています。

 

◆例えば◆

内気で異性の苦手な大学生だったら、思い切って【合コン】に行ってみる、とか、

語学に興味があったら、【留学】してみる、とか

ビジネスに興味があったら【企業】してみる、とか。

 

100ページもないので、暇つぶしにこの一冊を読んでみるのもありだと思いますので、ぜひ。

 

マンガじゃなくて、「原作が読みたい!」という人ためにも原作も載せておきます。

 

この小さな本が世界のビジネスマンを変えてゆく!

 

 

今日はこんな感じで、

最後まで読んでいただき有難うございました。